logo

ヤマハ、テレビ用2.1chサウンドシステム--低遅延、高音質のワイヤレス再生も

加納恵 (編集部)2012年10月15日 15時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハは10月15日、2.1chのサウンドシステム「YAS-201」を発表した。iPhoneやiPod内の音楽ファイルをワイヤレスで再生できる独自のAir Wiredを備える。発売は12月。店頭想定価格は4万4000円前後になる。

  • 「YAS-201」

 直径5.5cmのコーン型スピーカを2つ搭載したフロントスピーカと、16cmのコーン型スピーカを内蔵したサブウーファから構成され、いずれも真円形ユニットを採用し、テレビの内蔵スピーカだけでは得られない高音質を再生する。

 独自のバーチャルサラウンド技術「エア・サラウンド・エクストリーム」を搭載し、バーチャル7.1chサラウンド再生も可能。人の声のみを自動で音量アップする「クリアボイス」機能も備える。

 ワイヤレストランスミッター「YIT-W12」を付属し、iPhoneやiPod、iPad、PCなどの音声をワイヤレス再生可能。音声遅延を抑えた独自設計により、インターネット動画の視聴やゲームにも最適としている。

 フロントスピーカは高さ98mm×幅886mm×奥行き121mm(スタンドあり)で、重量約3.1kg。テレビ画面の下に設置できるサイズに抑えたほか、リモコン信号をテレビに受け渡すテレビリモコンリピータを装備している。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集