オンキヨー、広がり感ある音を再現するミュージックシステム

加納恵 (編集部)2012年10月10日 16時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンキヨーは10月10日、Bluetooth接続によるワイヤレス再生に対応したミュージックシステム「iLunar(アイルナー) RBX-500」を発表した。6つのスピーカユニットと1つのサブウーファを内蔵し、独自の音場を再生する。発売は11月上旬。店頭想定価格は3万5000円前後になる。

  • 「iLunar RBX-500」

 スイスのSonic Emotion独自の信号処理技術を用いることで、スピーカユニットを効率的に駆動し、再生環境にあった音場を自動で形成できるとのこと。このため、リスニングポイントを限定せず、部屋のどこにいても臨場感あるサウンドをきくことができる。好みに応じて切り替えられるNORMAL、ENHANCE、VOCALと3つの音場モードも備える。

 デジタル伝送できるiPod/iPhone用の30ピンドックコネクタに対応し、充電も可能。Bluetooth接続のほか、音声入力端子も1系統装備する。給電用のUSB端子も設ける。

 サイズは高さ230mm×幅220mm×奥行き220mmで、重量約3.4kg。ボディカラーはホワイトとブラックの2つをそろえる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加