CEATEC JAPAN 2012

CEATEC 2012が開幕--「スマート」な最先端技術が集い発売前の製品も

加納恵 (編集部)2012年10月02日 16時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最先端IT・エレクトロニクス総合展の「CEATEC JAPAN 2012」が、10月2日幕張メッセで開幕した。一般の入場は10月3日からで、10月6日まで開催する。出展社数と小間数は624社2288小間。会期中20万人の来場者を目指す。

  • CEATEC JAPAN 2012会場

 会場内はコンシューマ機器が並ぶ「ライフ&サエティステージ」、ICT分野のBtoBゾーン「ICT Suite」、最先端の高機能電子部品やアプリケーションが展示されている「キーテクノロジ ステージ」、エレクトロニクス分野のBtoBゾーン「Electronics Suite」(10月5日まで)に分かれており、それぞれの分野の最先端テクノロジ、製品を一堂にみることができる。

 引き続き注目を集めるスマートフォン関連は、NTTドコモで2012冬モデルの一部機種を先行展示しているほか、メガネをかけるだけでテレビ電話ができる「メガネ型ウェアラブル端末」などを出展。KDDIではAndrioid 4.0搭載セットトップボックス「Smart TV Box」や次世代高速通信サービス「4G LTE」などの最新技術についても紹介している。

  • NTTドコモ「メガネ型ウェアラブル端末」

  • KDDI「Smart TV Box」

  • NTTドコモ「2012年冬モデル」

 PCは、タブレット形状にもなるソニーの11.6型ウルトラブック「Duo 11」、ノートPCとタブレットの1台2役として使用できるパナソニック「Let'snote」初のウルトラブック「AX2シリーズ」など、各社Windows 8を搭載した発売前の新製品が並べられていた。

 ソニーの発表により、2社から登場した4Kテレビも注目だ。東芝では2013年春の発売を予定している4Kテレビが参考展示されているほか、シャープでも「ICC 4K 液晶テレビ」を出品。パナソニックでは145型の8Kプラズマディスプレイを見ることができる。

  • パナソニック「Let'snote AXシリーズ」

  • シャープ「ICC 4K 液晶テレビ」

  • パナソニック「145型の8Kプラズマディスプレイ」

 また、多くの家電メーカーから提案されているのが「スマートハウス」だ。三菱電機ではEV車などと組み合わせたスマートハウス、パナソニックではスマートAV、スマートアプライアンス、スマートエナジーの展示コーナーを設けていた。

 2012年は、自動車関連の展示が目立つことも特長の一つ。トヨタ自動車がコンセプトカー「Smart INSECT」を展示しているほか、スマートハウスと組み合わせたEV車などの出展が目立った。

  • 三菱電機「スマートハウスEV、PHV用」

  • トヨタ自動車「Smart INSECT」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加