logo

パイオニア、スマートなホームシアター4機種を発表--Bluetoothにも対応

加納恵 (編集部)2012年09月06日 18時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パイオニア9月6日、ホームシアターシステム4機種を発表した。スリムでコンパクトなスピーカの採用に加え、Bluetoothにも対応するなどスマートなホームシアターを提案する。

 発表されたのはバータイプのスピーカを採用した「HTP-HW950/SB550」と、マルチサラウンドタイプの「HTP-S757/S353」。サブウーファは全機種共通サイズのアンプ内蔵モデルで、HDMI入力3系統、光デジタル入力1系統を備える。

 いずれも、音のズレを補正する独自の「フェイズコントロール」を採用し、サブウーファからの低音の遅れを解消。仮想音声技術「バーチャル 3D サウンド」も備え、臨場感ある音質再生が楽しめるとしている。

 HTP-HW950は、横幅90cmのバータイプスピーカを採用した2.1chシステム。独自開発のHVT方式両面駆動タイプを採用することで、薄いスピーカの両面から音が放射され、部屋のどこにいても高音質を楽しめるとしている。スピーカ部は壁掛けにも対応する。店頭想定価格は6万円前後になる。

 HTP-SB550は、横幅80cmの3chバータイプスピーカを採用。付属のスタンドは2段階の高さ調整ができ、テレビのスタンドをまたいで設置することも可能だ。店頭想定価格は3万5000円前後になる。

  • 「HTP-HW950」

  • 「HTP-SB550」

 HTP-S757は、トールボーイスピーカ4本とセンタースピーカを組み合わせた5.1chシステムだ。トールボーイスピーカは口径6.6cmのコーン型ウーファと口径2.6cmのセミドームトゥイータを内蔵した2ウェイタイプ。高級感あるデザインに仕上げたとしている。店頭想定価格は6万円前後になる。

 HTP-S353は、密閉式ブックシェルフ型のフロントサラウンドスピーカとセンタースピーカによる5.1chシステム。スピーカは高さ80mm×幅95mm×奥行き90mmのコンパクトタイプで、サラウンドスピーカとフロントスピーカを重ねて設置することができる。店頭想定価格は3万5000円前後になる。

  • 「HTP-S757」

  • 「HTP-S353」

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集