logo

「iPhone 4」利用者の7割強が「iPhone 5」を購入を検討--米情報サイトが調査

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉2012年09月05日 12時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大勢から「iPhone 5」と呼ばれている次期「iPhone」は、相当数の「iPhone 4」ユーザーから注目を集めている。

 取引情報サイトTechBargainsが米国時間9月4日に発表した調査結果によると、iPhone 4ユーザーのうち74%が次期iPhoneへのアップグレードを予定しているという。

 「iPhone 3GS」ユーザーの71%、「iPhone 4S」ユーザーの64%、「Blackberry」ユーザーの38%、「Android」搭載端末ユーザーの22%も、現在使っている携帯電話からの乗り換えを計画している。調査からさらに、スマートフォンを使っていない人の32%がAppleの次期主力端末を選ぶ予定であることが明らかになった。

 新iPhoneを購入を検討している人のうち、10%は発売日に並んで待ち、35%は発売され次第オンラインで購入する予定で、55%はまだ入手時期を決めていない。

 新iPhoneの購入予定者に理由を聞くと(選択肢から回答、複数選択可)、現在の手持ちのiPhoneからアップグレードしたいからと答えた人は過半数の65%だった。また、「どの携帯電話もiPhoneとは比べものにならない」が29%、「最新製品を購入したい」が28%、「AndroidからiPhoneへ切り替えたい」が14%となった。

 買い物客はどんな機能を求めているのだろうか?

 実に93%がより長いバッテリ駆動時間を挙げ、90%はプロセッサの高速化を求めた。また、83%が4G LTE対応を望み、76%は画面の大型化を挙げた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集