logo

水と塩で発電するLEDランタン--USB機器への充電にも対応

加納恵 (編集部)2012年09月03日 18時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グリーンハウスは9月3日、水と塩で発電するLEDランタン「GH-LED10WBW」を発表した。乾電池や充電をすることなく使用でき、非常時やアウトドアでの使用に最適としている。発売は9月中旬。店頭想定価格は3980円になる。

  • 「GH-LED10WBW」

 マグネシウムの金属棒を装着し、マグネシウム(-)と炭素(+)の間に、電解液となる塩水を入れることでイオンが溶け出し、-から+に移動し電気が発生する仕組み。水350ccに対し塩16gを目安としている。金属棒1本で最長約120時間の使用ができるとのこと。使用時は約8時間ごとに塩水を交換する必要があり、海水も使用できる。

 本体と付属のUSBケーブルを使えばUSB機器への充電も可能。持ち運び用のハンドルがついているほか、壁掛け穴も搭載する。

 サイズは高さ228mm×幅210mm×奥行き113mmで、重量約680g。別売で取り替え用の金属棒(店頭想定価格:980円)も用意されている。

-PR-企画特集