logo

ブシロード、スマホ向けゲーム&コミュニティサービスを立ち上げ

佐藤和也 (編集部)2012年08月31日 16時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブシロードは8月31日、東京ゲームショウ2012出展発表会を開催し、そのなかでスマートフォン向けゲーム&コミュニティサービス「ブシモ」の立ち上げを発表した。

 ブシロードは主にトレーディングカードゲームを中心に事業を行っているメーカー。ブシモに関しては去年の夏ごろから準備をはじめ、約1年ほどかけて念入りに準備を進めてきたいという。代表取締役社長の木谷高明氏は「長年カードゲームに携わってきたが、最近はカードゲームと言うとソーシャルゲームを想像する方が多いんです。アナログカードゲームをやってきた身としては、ブシロードこそがカードゲームの本流であることをスマホで証明したい。そしてスマホにおけるソーシャルゲーム業界のインディ団体として殴りこみをかけたい」と意気込みを語った。

 このサービスではゲームをしっかり提供し、ユーザーが遊んだ上で、コミュニティでも楽しんでもらう仕組みにしたいとして、ゲームを遊ぶための会員登録は設けないとしている。また「フルゲーム! フルネイティブアプリ!」をコンセプトに、いわゆる「ポチポチしているだけのゲーム」ではない、ゲームとして楽しめるラインナップを揃えるとしている。

  • 木谷高明氏

  • ブシモの概要

 今回発表したのは、ゲームやアニメなどで展開しているコンテンツ「探偵オペラ ミルキィホームズ」をテーマにしたアクションゲーム「大疾走 ミルキィホームズターボ」とミニゲーム「ミルキィ大富豪」、オリジナル恋愛アドベンチャーゲーム「恋愛リプレイ」。なおミルキィ大富豪に関してはブシモのサービスに先立ち、iOSとAndroid向けに、東京ゲームショウ2012の前後には無料配信を行いたいとした。

  • 大疾走 ミルキィホームズターボ

  • ミルキィ大富豪

  • ゲームの紹介を行った「ミルキィホームズ」統括プロデューサーの中村伸行氏(一番右)と、声優ユニット「ミルキィホームズ」。アプリには彼女たちのボイスも収録されている

  • 恋愛リプレイロゴ

  • プレイ場面

 このほかにもリリース予定のアプリとして、同社が展開しているカードゲーム「ChaosTCG」や「カードファイト!! ヴァンガード」のほか、オリジナルタイトルを用意する。

 同社は東京ゲームショウ2012に104小間のスペースで出展。ブシモの詳細なラインナップ発表のほか、開発中のタイトルを展示。また、グループ企業である新日本プロレスの特設リングをブース内に設置し、実際にプロレスのスペシャルマッチを連日行うとしている。

  • オンライン対戦のブラウザゲーム「キング オブ プロレスリング」のカード画像も公開

  • 新日本プロレスの内藤哲也選手(左)と真壁刀義選手(右)も登場

  • 登壇者によるフォトセッション

-PR-企画特集