logo

キングジム、机を振動板にして音を鳴らす振動式スピーカ--Bluetoothも対応

加納恵 (編集部)2012年08月28日 19時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「Bluetooth 振動式スピーカー」

 キングジムは8月28日、本体底面と接触している物を振動板にし、音を鳴らす「Bluetooth 振動式スピーカー BTSP10」を発表した。プレゼンテーションなどでの用途を想定している。発売は9月28日。価格は6930円。

 USB接続に加え、Bluetoothを内蔵し、対応のスマートフォンやタブレットとワイヤレスで接続し使用することが可能。サイズは直径55mm×高さ70mmで、重量は約250g。コンパクトサイズで持ち運びしやすいとしている。

 底面に振動式、上部にサテライトスピーカを備えた2ウェイモデル。ハンズフリー通話に対応するマイクも内蔵する。

 電源はリチウムイオン充電池を採用し、約3時間の充電で約3時間の使用が可能。バッテリ寿命は約300回でバッテリ交換には対応しない。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集