logo

電通デジタルHD、米Maxifierに出資--「ADMAX」を提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電通デジタル・ホールディングス(DDH)は8月28日、同社の「電通デジタル投資事業有限責任組合(電通デジタル・ファンド)」を通じて、米Maxifier(マキシファイア)に出資したと発表した。両社は今後、アジア市場全体を視野に入れた共同事業展開を検討する。

 Maxifierは、オンラインメディアを収益源とする媒体社の収益を最大化するソリューション「ADMAX」を提供している。ADMAXはアドサーバ、Supply Side Platformなどと連携し、すべてのキャンペーン(需要)や枠在庫(供給)を横断して最適化できるという。

 ADMAXと統合しているタイプのアドサーバであれば、リアルタイムでの最適化が可能。ログ方式を採用しており、ADMAXと統合していないタイプのアドサーバでも最適化分析が可能としている。

 Maxifierはこのほど、日本支社を設立し、日本とアジアでの本格的なビジネス展開を開始した。DDHでは、Maxifierのソリューションやノウハウについて、グローバル市場での成長、プレミアム広告を中心とした市場の発展が見込めると判断し、今回の出資を決定したという。

-PR-企画特集