logo

フィリップス、モーションセンサ内蔵で触れずに操作できるBluetoothスピーカ

加納恵 (編集部)2012年08月27日 15時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、Bluetooth対応のワイヤレススピーカ「SHOQBOX(ショックボックス)」シリーズを発表した。モーションセンサを内蔵し、直接ボタンに触れずに操作できる。発売は9月上旬。防滴加工を施した「SB7220」(店頭想定価格:1万9800円前後)と、シンプルなデザインの「SB7100」(同:1万7800円前後)の2機種を用意する。

  • 写真上から「SB7220」と「SB7100」

 モーションセンサは、かざした手の動きを感知して音楽再生や一時停止、スキップなどが可能。濡れた手でも操作できるので、アウトドアやキッチンなどでも使用できる。

 本体サイズは高さ179(SB7100は180)mm×幅72(同62)mm×奥行き68(同62)mmで、重量は約488(同413)g。ABC樹脂を採用し、SB7220にはIPX4基準をクリアした防滴加工が施されているほか、本体には保護ラバーを装備。バッグやウェアに取り付けられるフックも搭載するなど、アウトドア仕様になっている。

 ネオジウムドライバを搭載した2つのスピーカを内蔵し、内部にはマイクも搭載。音楽再生だけでなく、電話会議などでも使用可能だ。

 電源はACアダプタと本体内蔵の充電池。充電池へは電源アダプタを介して充電し、約3時間の充電で約8時間使用できる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集