logo

「ブラウザ三国志」開発会社のONE-UPが自社タイトルを2作リリース

佐藤和也 (編集部)2012年08月08日 19時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ONE-UPは8月8日、PCブラウザゲーム「メガミエンゲイジ!」ならびにモバイルゲーム「戦国/Zero」の2作を発表した。

 ONE-UPは、ブラウザゲームのヒットタイトル「ブラウザ三国志」や「戦国IXA」のほか、「ブラウザ三国志モバイル」の開発を手がけた会社で、今回発表した2タイトルが初の自社パブリッシュタイトルとなっている。

 メガミエンゲイジ!は、mixiプラットフォームにて提供されるシミュレーションRPGで、8月8日よりサービスを開始した。プレイヤーは4人の女神のもとに集い、美少女キャラクターを駆使して覇権を争うという内容。キャラクターは、ゲームブランドKeyの「AIR」や「リトルバスターズ!」のほか、工画堂スタジオの「蒼い海のトリスティア」など7社30作品から登場。今後も美少女キャラクター作品の追加を予定している。

  • ポスター画像

  • カードデザイン

  • ゲーム画面

 戦国/Zeroは、戦国時代をモチーフにしたカードバトルゲーム。GREEにて8月中旬にフィーチャーフォン版のサービスを開始を予定。その後スマートフォン版のサービスを9月中旬に予定している。

 有名イラストレーターのりんしん氏などを起用しているほか、前列3枚と後列3枚に加え、それらをサポートするスペシャルカードの7枚によってデッキを組むターン制の要素や、バトル中にランダムで奥義(スキル)が覚醒する「奥義開眼」など、特徴的なシステムを搭載している。

  • 武将カードの織田信長(家督直Ver)

  • 武将カードの織田五徳

  • ゲーム画面

左から、戦国/Zeroディレクターの人見楽氏、中元志都也氏、上永吉岳宏氏、メガミエンゲイジ!ディレクターの太田孝平氏
左から、戦国/Zeroディレクターの人見楽氏、中元志都也氏、上永吉岳宏氏、メガミエンゲイジ!ディレクターの太田孝平氏

 8月8日に行われたプレスカンファレンスにて、代表取締役の中元志都也氏は「昨年に大きな体制の変更があり、その後は足場を固めるために地道な活動をしてきたが、今年に入り海外展開など自分たちがやっていることのアピールを行いつつ、満を持してオリジナルタイトルを発表することができた」と述べ、2作品の責任者でもある企画プロデュースグループゼネラルマネージャーの上永吉岳宏氏は「我々はこれまであまり表に出ることは少なかったのですが、この2タイトルは培ってきた開発と運営のノウハウを存分に注ぎ込んだ渾身の作品です」と自信を見せた。

-PR-企画特集