logo

岡山のウィルコムショップで盗難被害--405名の顧客情報が流出

藤井涼 (編集部)2012年08月08日 15時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウィルコムは8月8日、ウィルコムの端末を取り扱うウィルコムプラザ岡山下中野(岡山県岡山市南区)において、約20Kg程度の小型金庫が盗難にあう被害が起きたことを発表した。

 小型金庫の中には現金に加えて、顧客の個人情報(氏名、住所、電話番号など)が記載された申込書などのコピーが含まれていたという。現在調査中としているが、盗難にあった申込書などのコピーは、2012年6月1日~7月31日にウィルコムプラザ岡山下中野店で受付処理を行ったものが該当しており、記載された個人情報は405名分となっている。

 ウィルコムでは地元警察署に被害届を提出するとともに、関係者で近隣地域を捜索しているが、いまだ発見にはいたっていないという。なお、現時点で顧客情報が悪用されたという事実は確認していないとのこと。同社では該当する顧客に対して、順次報告および謝罪をするとしている。

-PR-企画特集