フォトレポート:スペースシャトル「エンタープライズ」展に行ってみた - 10/16

Ty Pendlebury (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年07月20日 12時49分

 2003年のスペースシャトル「Columbia」の事故以後、Enterpriseはその原因究明のために使用された。写真にある部分にはColumbiaで使われたタイルが貼られている。Enterpriseの下部においてその他の部分に貼られているタイルはシミュレートされたもので、再突入に対する耐性があるようには作られていない。

 新しいタイルが貼られている部分は、タイルの耐衝撃性をテストするため、フォームブロック(「Challenger」発射時に落下したのと同様のもの)により衝撃が加えられている。左上には、ダメージ跡が見られる。


 2003年のスペースシャトル「Columbia」の事故以後、Enterpriseはその原因究明のために使用された。写真にある部分にはColumbiaで使われたタイルが貼られている。Enterpriseの下部においてその他の部分に貼られているタイルはシミュレートされたもので、再突入に対する耐性があるようには作られていない。

 新しいタイルが貼られている部分は、タイルの耐衝撃性をテストするため、フォームブロック(「Challenger」発射時に落下したのと同様のもの)により衝撃が加えられている。左上には、ダメージ跡が見られる。

提供:Sarah Tew/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]