logo

ソニー、AC、乾電池の2ウェイで使えるアクティブスピーカ--Bluetooth対応も

加納恵 (編集部)2012年06月28日 13時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは6月28日、スマートフォンやデジタルプレーヤーと組み合わせて使えるアクティブスピーカ2機種を発表した。7月21日に発売する。

  • 「SRS-GM7IP」

 発表されたのはiPhone/iPodドックスピーカ「SRS-GM7IP」(店頭想定価格:8000円前後)と、Bluetoothによりワイヤレス接続ができる「SRS-BTD70」(同:8000円前後)になる。

  • 「SRS-BTD70」

 GM7IPは、可動式のiPhone/iPodドックを搭載したドックスピーカ。本体上部にハンドルを設け、持ち運ぶことができる。本体はAC電源のほか、単4形乾電池4本でも駆動でき、アルカリ乾電池を使用すれば約10時間の使用が可能だ。

 本体サイズは高さ165mm×幅226mm×奥行き151mmで、重量は約1.1kg(乾電池含む)。無料の専用アプリ「D-Sappli」をiPhoneやiPod touchにダウンロードすれば、ドックスピーカと接続して、ミュージックタイマー機能やスリープタイマー機能とドックスピーカの電源を連動できる。

 BTD70は、高さ63mm×幅206mm×奥行き77mmのボディに2.1chスピーカを内蔵したポータブルスピーカだ。Bluetoothによるワイヤレス再生ができ、本体はAC電源のほか、単3乾電池3本での駆動にも対応する。

 重量は約620g(乾電池含む)で、外への持ち運びも可能。キャリングケースも付属する。オーディオ入力も備え、Bluetooth対応機器以外のプレーヤーとも接続できる。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集