logo

iPad向けリモートデスクトップアプリの最新版「Splashtop 2」

藤井涼 (編集部)2012年06月27日 15時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Splashtopは米国時間6月27日、iPad向けのリモートデスクトップアプリの最新版となる「Splashtop 2」を提供開始した。同時にユーザーに安全なネットワーク機能を提供するため、独自のリレーサーバクラウド「Bridging Cloud」を構築している。定価は9.99ドルだが、サービス開始時は特別価格として1.99ドルで販売する。

 Splashtopは、外出先でiPadやWindows PCから、社内などのPCを操作できるリモートデスクトップアプリ。同社によれば、現在700万人以上のユーザーに利用されているという。

  • 「Splashtop 2」の利用イメージ

 Splashtop 2では、操作性を見直しユーザーインターフェースを改良。また、30フレーム/秒のストリーミング、100分の3秒以下のタイムラグで、スムーズな動画やゲームの再生を可能にしている。Appleの提供する高精細なRetinaディスプレイにも最適化した。

 さらに、ユーザー名とパスワードを入力するだけでPCに接続できるようになり、これまでのように、ルータ、ファイアウォールの設定や、IPアドレス、セキュリティコードを手入力する必要がなくなった。通常は、ローカルエリアネットワーク(LAN)内にある機器間での接続となるが、別売のAnywhere Access Packによって、ネットでの接続も可能となる。

 Anywhere Access Packは、月額0.99ドル、または年額9.99ドルで利用できる。なお、Splashtop Remote Desktop for iPadのユーザーは、Splashtop 2とAnywhere Access Packを無償で利用できるとしている。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集