logo

サイバーエージェント、エンジニア向けシェアハウスを12月に開設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイバーエージェントは6月20日、同社のエンジニア・クリエイター職の社員だけが入居できるシェアハウスを12月に開設すると発表した。

図1 リビングのイメージ
図2 ワークプレイスのイメージ

 エンジニアやクリエイターが開発をする上で、新たなサービスのヒントやきっかけを生む環境を用意し、シェアハウス発の新サービス開発を促進するために開設するという。

 全47戸の居住スペースに加え、共有スペースとしてラウンジやキッチン、リラクゼーションルーム、トレーニングルームなどを用意。漫画や雑誌、ビジネス書などを揃えたライブラリ、ゲーム部屋、集中開発ルームなども用意する。

 社内外の講師を招いて勉強会や開発コンテストなども開催する予定。対象職種を限定することで、就業時間外でも入居者同士で刺激し合い、個人のスキルアップを図ることができるとメリットを説明する。

-PR-企画特集