logo

最寄りの喫茶店チェーンをすばやく検索できる「CAFE DOCO」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「CAFE DOCO」は、最寄りにある喫茶店チェーンの位置をマップ上に表示し、現在地からのルートを示してくれるアプリだ。スターバックスやドトールなど全国約3200店舗に対応しているので、休憩や待ち合わせに使う喫茶店をいますぐ探したい場合に重宝する。

起動すると現在位置を中心に、対応する喫茶店チェーンの場所がアイコンで表示される。現在位置のほか具体的な住所やランドマークを指定することも可能
起動すると現在位置を中心に、対応する喫茶店チェーンの場所がアイコンで表示される。現在位置のほか具体的な住所やランドマークを指定することも可能

使い方はシンプルで、アプリを起動した時点で現在地周辺のマップが表示され、その範囲内にある喫茶店チェーンが自動的にポップアップ表示される。特定のチェーンのみを絞り込んで表示する機能はないが、アイコンが各チェーンごとに色分けされているので、地図上での見分けはつきやすい。現在地以外に具体的な住所や「渋谷駅」といったランドマーク名で検索することも可能だ。

 個々のアイコンをタップすれば店名のほか住所、電話番号といった情報が表示されるほか、店舗によっては喫煙可、Wi-Fi利用可といった付加情報も表示できる。また、現在位置からのルート検索も可能だ。ルート検索はiPhone標準の地図アプリを用いるので、最寄り駅からのルートを調べたり、電車や徒歩といった交通機関を切り替えるのも簡単だ。

 対応している喫茶店チェーンは、ドトール、スターバックス、タリーズ、ルノアール、エクセルシオールとされており、店舗数はおよそ3200店舗となっている。本アプリと同等の機能を持つ有料アプリ「カフェマップ」では、これらに加えてカフェ・ド・クリエ、サンマルクカフェ、プロント、ミスタードーナツなどに対応しており、店舗数はおよそ2倍にあたる6400店舗を検索できる。まずは無料の本アプリを試してみて、物足りなくなれば有料の「カフェマップ」を購入するといった使い方もありそうだ。

 若干物足りないのは、前述の特定チェーンを絞り込む機能がないことに加え、各店舗の営業時間など詳細な情報が本アプリ上では見られないことと、待ち合わせに使う場合に住所などをメール送信する機能がないこと。これら機能や履歴表示に対応すれば、さらに使い勝手のよいアプリになりそうだ。

  • 拡大してさらに詳細な位置を確かめることも可能。ちなみにアイコンは、Sがスターバックス、Dがドトール、Tがタリーズ、Rがルノアール、Eがエクセルシオールとなっている

  • 各アイコンをタップすると詳細な店舗情報が画面上に表示される。店名、住所、電話番号のほか、店舗によっては喫煙可やWi-Fi対応といった情報が表示される場合もある

  • iPhone標準の地図アプリを用いたルート検索も行える。土地勘のない場所で検索した場合でも、すばやくたどり着くことができるだろう

>>「CAFE DOCO」のダウンロードはこちらから

-PR-企画特集