logo

富士フイルム、画像を効率良く取り込めるデジタルフォトフレーム

加納恵 (編集部)2012年06月11日 16時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士フイルムは6月11日、2Gバイトの内蔵メモリを搭載した7型のデジタルフォトフレーム「DP-H7V」を発表した。最大1万2500枚の画像が保存できる。発売は6月23日。店頭想定価格は1万円前後になる。

  • 「DP-H7V」

 画面に適したサイズへ静止画像を自動的にリサイズする「スマートコピー機能」を備え、最大約1万2500枚の画像を保存することが可能。映像処理に使用するメモリを拡張し、動画ファイルの再生能力も向上させた。

 7型の液晶モニタは144万画素で、バックライトにはLEDを採用。従来モデルに比べ約25%の省電力化も実現している。

 PCを使って画像をあらかじめフォルダ分けしておけば、指定されたフォルダ内のみの画像を再生できる「フォルダ再生機能」を装備。タテ、ヨコと本体の向きに合わせて画像を自動回転させる「自動縦横判別機能」も備える。

 カードスロットでは、SD/SDHCカード、xDピクチャーカード、メモリースティックなどのメモリカードに対応するほか、USB端子も装備する。

 サイズは高さ202.9mm×幅238.2mm×奥行き39.7mmで、重量は約692g。取り外し可能なウッドフレームを採用しており、取り外すとシンプルなブラックフレームとして使用可能だ。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集