logo

個人向けスマホアプリ作成サービス「町のアプリ屋さん」開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Green rompは6月7日、自分用のAndroidアプリをカスタムし、安価でオーダーメイドできる、個人向けアプリ制作事業「町のアプリ屋さん ~myapuri~」の提供を開始した。

画面

 作成できるスマートフォンアプリは、画像やコメントが投稿できる掲示板。アプリに使用したい画像を用意し、希望のデザインを選択してテキストやパスワードを設定するだけで、オリジナルアプリを制作できる。制作期間は1~3週間。制作費3万2000円にはアプリストアへの申請手数料なども含まれる。

 完成したアプリはGoogle Playでダウンロード提供する。Androidユーザーであれば誰でもアプリをダウンロードできるが、予め設定したパスワードを知っている本人、友人だけが閲覧や書き込みをすることができる仕組みだ。

 Green rompは「自分の名前のアプリ」や「自分たちだけのアプリ」、「誰かへのプレゼントアプリ」など、新しいアプリ創造の機会をユーザーに提供できるとしている。サービスの内容は同じだが、デザインの違いにより、旧サイト新サイトを用意している。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集