logo

JVC、高解像度サウンドを再生するヘッドホン--カーボンナノチューブ振動板を採用

加納恵 (編集部)2012年06月05日 13時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JVCケンウッドは6月5日、JVCブランドから「カーボンナノチューブ振動板」を搭載したヘッドホン「HA-S500/S400」を発売した。7月上旬に発売する。店頭想定価格はS500が4000円前後、S400が3000円前後になる。

  • 「HA-S500/S400」

 両機種ともに軽量で剛性の高いカーボンナノチューブ素材を振動板に採用し、高解像度サウンドを再現するとのこと。S500は口径40mm、S400は口径30mmのドライバユニットを採用する。

 本体はイヤーパッドを平らにして、折りたためるなど、3タイプの折りたたみができ、携帯性にもすぐれる。上位機となるS500のみ、遮音性が高い低反発イヤーパッドと快適な装着感が得られる低反発ヘッドパッドを採用する。

 コードの長さは1.2m。S500はブラック、ガンメタリック、S400はブラック、レッド、ホワイトのカラーバリエーションをそろえる。

-PR-企画特集