logo

パナソニック、撮り貯めた静止画、動画が保存できる「DIGA」新シリーズ

加納恵 (編集部)2012年06月04日 16時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは6月4日、デジタルレコーダー「DIGA」に、フォトレコーダー「DMR-HRT300」を追加した。デジタルカメラやスマートフォンで撮影した静止画や動画を取り込み、保存できる。発売は6月25日。店頭想定価格は5万5000円前後。

  • 「DMR-HRT300」

 DMR-HRT300は、500Gバイトの内蔵HDD、SDカードスロット、USB端子を備えたHDDレコーダーだ。SDカードやUSB、DLNA経由で静止画や動画の取り込みができ、取り込んだ静止画は自動的にショートムービーを作成する「おまかせクリップ」機能を搭載。作成したムービーはソーシャルネットワークサービス(SNS)などに送信ができる機能も備える。

 スマートフォン向けアプリ「DIGA Contents Link」を使用すれば、ワイヤレスでスマートフォンに撮り貯めた静止画を自動で取り込むことが可能。無接点充電規格「Qi」(チー)に対応し、Qi対応のスマートフォンであればフォトレコーダーに置くだけで充電が開始される。

 対応チューナから本機に直接HD画質番組の録画ができ、USB HDD接続にも対応。ネットに接続すれば「もっとTV」 「ビエラ・コネクト」も利用可能だ。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集