logo

ソニー、フラッシュ内蔵の「NEX-F3」が登場--全画素超解像対応も

加納恵 (編集部)2012年05月17日 13時38分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは5月17日、レンズ交換式の小型一眼カメラ「NEX」シリーズに「NEX-F3」を追加した。フラッシュを内蔵したほか、解像度を落とさず2倍ズームができる全画素超解像ズームに対応する。発売は6月15日。

  • 「NEX-F3」

 18-55mmの標準レンズを同梱したズームレンズキット「NEX-F3K」(店頭想定価格:6万5000円前後)と、ズームレンズキットに55-210mmのズームレンズを加えたダブルズームレンズキット「NEX-F3Y」(同:9万円前後)を用意する。ボディ単体での販売はしない。

  • フラッシュをボディに内蔵する

 撮像素子は有効1610万画素のAPS-CサイズExmor HD CMOSセンサを採用。1920×1080 60iのフルHD動画撮影に対応したほか、全画素超解像機能により、焦点距離55mmのレンズを装着していても、解像度を維持したまま2倍の110mm相当のズーム撮影ができるとしている。全画素超解像はコンパクトデジタルカメラ「Cyber-shot」や一眼レフカメラ「α57」に採用されている技術で、NEXシリーズとしては今回が初採用となる。

  • 3型の液晶モニタを搭載する

 デジタルフィルター機能「ピクチャーエフェクト」は、トイカメラ、ミニチュアなど全15種類を内蔵。背景ぼかし、明るさ、色合いなど、効果を重ねて自分好みの絵作りができる「マイフォトスタイル」も備える。

 撮影した画像を三分割法に基づいてバランスの取れた構図にトリミングする「オートポートレートフレーミング」にも対応。トリミングした画像と元画象の2枚が残せるほか、美肌効果と組み合わせての使用も可能だ。

  • 電源オン、オフ、シャッターボタンなどの操作部。動画ボタンは独立して用意している

 カメラが自動でシーンを認識し最適設定にする「おまかせオート」は、手持ちでも美しい夜景を撮影できる「手持ち夜景」と「オートHDR」認識を追加した「プレミアムおまかせオート」へと進化。独自の重ね合わせ処理で、暗いシーンと明るいシーンが混在していてもきれいな画質で撮影できるとしている。

 ボディサイズは高さ66.6mm×幅117.3mm×奥行き41.3mmで、重量約314g(バッテリ、メモリカード含む)。薄型ボディながら、グリップを設け、しっかりとしたホールド感を実現する。ボディカラーはホワイト、ブラック、ピンクの3色を用意。USB接続で充電ができるACアダプタ「AC-UB10」を付属する。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]