logo

Twitter、電子メールダイジェストの提供を開始--「関連性の高い」ツイートや話題を掲載

Edward Moyer (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年05月15日 12時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterは、「関連性の高い」ツイートおよびフォローしている人々が共有している最近の話題について、週刊の電子メールダイジェストをユーザーに送信することを開始した。

 今回の機能導入の数カ月前にTwitterは、新興企業のSummifyを買収している。Summifyは、ユーザーのさまざまなソーシャルネットワークからニュースを収集し、日刊の電子メールにまとめていた。Summifyのチームは、バンクーバーからサンフランシスコにあるTwitter本社に勤務地を移している。

 Twitterは米国時間5月14日付けのブログ投稿で、電子メールに掲載される話題はTwitterサイトの「Discover」タブ内とほぼ同様の形式で提供されると述べた。つまり、見出し、要約、そして誰がツイートしたかを示すサムネイルの行が表示される。ユーザーは、見出しをクリックしてその内容を読む、フォローしている人々の関連ツイートをチェックする、電子メール内のリンクをクリックしてツイートするなどができる。

 ツイートはTwitter内と同様に表示され、電子メールには、ユーザーがフォローしている人々の興味を引いたツイートが含まれるが、そのツイートを実際に送信した人をフォローしているかどうかにはかかわらない。ユーザーはフォローしている人々の中で、それらツイートに対し誰がリツイートしたか、またはお気に入りに追加したかを確認できるだけでなく、自分自身でリツイート、お気に入りへの追加、返信、関連する話題の閲覧などをすることも可能だ。

 TwitterでGrowth and International部門のディレクターを務めるOthman Laraki氏は、ブログ投稿で「われわれは今後数週間において、この新しい電子メールをすべての利用者に向けて提供する予定だ。Twitterから新しいメッセージが届いていかないか、受信ボックスの確認を続けてほしい」と述べた。また、「Twitterが送付する他の電子メール通知と同様に、この新しいダイジェストは通知機能の設定で管理できる」(Laraki氏)

Twitterの新しい週刊の電子メールダイジェスト Twitterの新しい週刊の電子メールダイジェスト
提供:Twitter

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集