logo

防水「Handycam」ついに登場--持ち歩きやすいスリムなタテ形ボディ

加納恵 (編集部)2012年04月25日 14時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは4月25日、ビデオカメラ「Handycam」シリーズに初の防水モデル「HDR-GW77V」を追加した。水深5mで約60分の撮影に対応する。発売は5月25日。店頭想定価格は7万円前後になる。

  • 「HDR-GW77V」

 IPX8相当の防水性能、IP5X相当の防塵設計、1.5mの落下試験をクリアした耐衝撃性能を備えた。ビデオカメラが撮影状況に応じて最適な設定を自動設定する「おまかせオート」には、新たに「水中モード」を加え、水の中でも明るく、歪みを抑えた撮影ができるとしている。

 撮像素子には1/3.91型“Exmor R”CMOSセンサを内蔵し、1920×1080/60pのHD動画撮影を実現。16Gバイトの内蔵メモリのほか、メモリースティックマイクロ、microSD/SDHCカードへの撮影に対応する。

 コンパクトデジタルカメラ「Cyber-shot」にも採用されている「全画素超解像」機能を備え、静止画時は最大2040万画素相当の撮影が可能。動画撮影時は光学10倍、エクステンデッド17倍のズーム機能を備える。

 サイズは高さ105.5mm×幅32.2mm×奥行き70.2mmで、重量は約220g(バッテリ、メモリカード含む)。3.0型の液晶モニタはタッチパネルに対応し、機能を3つまで登録できるダイレクトタッチアイコンも可能だ。

  • レンズにはGレンズを採用

  • 防水仕様のため、ロック機構がついている

  • 背面に操作系統を集約する

  • フタ内部にはバッテリ、端子類、カードスロット

  • 液晶モニタは3型。タッチパネルを採用する

-PR-企画特集