logo

個人スケジュール管理などPS Vita用オリジナルアプリ3つが配信

佐藤和也 (編集部)2012年04月19日 15時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンは、PS Vita専用のオリジナルアプリケーション「勇者のきろく」、「めざまし同盟」、「ペイントパーク」の配信を開始した。

 「勇者のきろく」は日々の生活でメモしておきたいことや継続して実行したい事柄を、他プレイヤーと共有しながらゲーム感覚で管理できるライフ・マネジメントアプリ。自分の予定を「ケイカク」としてスケジュール上に登録し、そのケイカクを達成することで魔物を生成する為のポイントを貯めていくことができる。PS Vitaの通信機能と位置情報機能を使用して、作成したケイカクを地図上に公開し、他のユーザーと共有・取得することも可能となっている。

 「めざまし同盟」は通常のアラーム時計としての機能に加え、通信機能と連携した同盟アラーム機能を搭載。同時刻にアラームを設定している他ユーザーと最大12名の同盟を結成し、ネットワークを通じて互いに応援し合って起きることができるアラーム機能となっている。同盟アラームの起床実績は履歴画面で確認できるほか、条件を満たせばトロフィーを獲得することも可能。

 「ペイントパーク」は、アドホック通信機能を使用し、最大6台のPS Vitaの間でお絵描きコミュニケーションが楽しめるアプリ。PS Vitaのタッチスクリーン機能を使用してスクリーンに直接絵を描き込める上、その描いた絵を共有し描き足すことが可能。さらには撮った写真にも描き足すことができるなど、イラストや写真をチャット形式で交換することが可能となっている。

  • (C)2012 Sony Computer Entertainment Inc.

-PR-企画特集