logo

DG、ファッションアイテム特化したO2O事業の米企業と提携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デジタルガレージ(DG)は4月19日、ファッションアイテムに特化したO2O事業を手掛ける米Snapette(スナペティ)と資本業務提携すると発表した。

画面

 Snapetteは、米ニューヨーク市で靴やバッグ、アクセサリなどのファッションアイテムの写真をユーザー同士がネットで共有できる、iPhone/iPod touch/iPad向けアプリ「Snapette」を提供している。Snapetteユーザーを実店舗へ誘導し、商品の購買を促すO2O事業を展開している。

 DGの全額出資子会社で、投資育成事業を展開するDGインキュベーションがSnapetteに出資。日本市場でのSnapetteの事業を支援することで、DGとSnapetteが合意した。DGは今後、Snapetteに対し、日本語版アプリの開発やマーケティングなどで支援するとしている。Android版も開発中だ。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集