logo

広告ブロックやファイルダウンロードなどを備えた多機能ブラウザ「iCabMobile」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「iCabMobile」は、多機能さが売りのウェブブラウザだ。広告ブロックやフォーム自動入力など、iPhoneの標準ブラウザであるSafariにはないさまざまな機能を備えており、快適なブラウジングを行うのに役立つ。今年に入ってから待望の日本語化を果たし、さらに使いやすくなった。

  • ホーム画面。カスタマイズも自在で、この画面では上部にタブを、下段のツールバーもアイコンの種類を入れ替えている

 Safariと比べた場合の優位性は、なんといってもその多機能さだ。画面を左右にフリックして別のタブに切り替えられる操作性のよさや、広告ブロック、ファイルのダウンロードといったさまざまな機能は、いずれもSafariでは届かなかったカユいところにリーチするもので、いちど使うと手放せなくなる。ツールバー類を非表示および半透明にしてiPhoneの画面を広く使うためのモードや、画面を下にドラッグしてのリロード、ジェスチャ機能など、細かい機能や操作性を挙げ始めるとキリがないほどだ。

 メニューも豊富で、メール送信や印刷といった機能のほか、標準でDropboxと連携しており、ページのスクリーンショットをDropboxに保存するといったことができる。これらメニューは細かくカスタマイズできるので、不要な機能を非表示にしたり、よく使う機能を指の届きやすい位置に配置することも可能だ。ページ上下にあるツールバーについても同様で、例えば通常は上のツールバーにある「戻る」「進む」ボタンを画面の下部に持ってくるといった、使い勝手を重視したカスタマイズが行える。

  • 画面ごと左右にフリックすると別のタブに切り替わる。新しいタブを開きたい場合も画面を左にフリックすればよい。もちろんタブ一覧を表示して切り替えることも可能

 また、PC用のブラウザで言うところのプラグインに相当するモジュールが用意されているのも大きなポイントだ。これを用いることで、Twitterに任意の書式で投稿したり、Evernoteにページを保存することが簡単に行える。ラインアップの中には国内ではあまり使い道のない海外サービス向けのモジュールも少なくないとはいえ、これらモジュールによってPCのブラウザ顔負けの使い方ができるのは、本アプリのひとつの魅力だろう。

 標準ブラウザをSafari以外に変更できないというiOS固有の制約があるため、例えばメール本文にあるURLをタップした際に本アプリが起動するようひもづけることはできないものの、ふだんは本アプリを使い、必要な時だけSafariで開き直すようにすることで、ストレスを最小限にとどめつつ、運用することが可能になる。なによりも本アプリの多機能さと使い勝手の良さは、Safariに代えて常用するだけの価値は十分にある。iPhoneによるブラウジングを劇的に快適化させるアプリとして、すべてのiPhoneユーザーにおすすめしたい。

  • 上下のバーを隠して画面表示を最大化したところ(フルスクリーンモード)。縦に長いウェブページを見る場合に便利

  • リンクは新規のタブで開いたり、バックグラウンドで別タブで開いたり、またSafariで開き直すこともできる

  • ページはブックマークする以外に、画像としてカメラロールやDropboxに保存することもできる。ファイルのダウンロードにも対応する

  • 設定画面では挙動を細かく指定できる。リンク先が別ドメインの場合は新規のタブに開くようにしておくと、URLが大量に含まれるまとめページなどの閲覧時に便利だ

  • ブックマークとフィルター設定については、インポートとエクスポートにも対応している。UserAgentは標準ではSafari、その他多数のブラウザのIDが用意されている

  • ツールバーのアイコンは細かくカスタマイズできる。メニュー操作が画面の上下に分かれていて使いづらい場合など、下に操作系をまとめることもできる

  • フィルタは多数がプリセットされているほか、任意の文字列を指定して広告などの表示をブロックすることも可能だ

  • 他アプリと連携できる拡張機能(モジュール)が多数用意されている

  • これはモジュール機能を使ってTwitterに投稿しようとしているところ。書式は自分なりにカスタマイズできる

  • モジュール機能を使ってページをEvernoteに保存しようとしているところ。スマホ向けページではうまく動作しない場合もあるが、PC向けページを取り込みたい場合には便利に使える

>>iCab Mobileのダウンロードはこちらから

-PR-企画特集