logo

会社から家庭内まで使えるネットワーク管理の統合アプリ「Network Pro」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ホーム画面。5種類のメニューが用意されている。ちなみにアプリ名は「Network Pro」ではなく「Net Pro」と表示される場合もあるなど、まちまちな印象

 「Network Pro」は、ネットワークの状態を調べるツールをひとまとめにした、ネットワーク管理者のための統合アプリだ。アイコンをタップするだけで、LAN内のPCのスキャンやTRACEROUTE、ポートスキャンなどの機能をすばやく使うことができる。

 ホーム画面には5つのアイコンが並んでいる。「LAN Scan」「Trace Route」「Port Scan」「Wake On LAN」「Subnet Calculator」の5つだ。iPhoneでLANに接続し、これらのツールを適宜利用することで、LAN内の機器の状態などをすばやくチェックできるというわけだ。メニューはすべて英語だが、ネットワーク管理者にとっては一般的な用語ばかりで、特にわかりづらいということはない。

 また、家庭内で複数のネットワーク機器を管理している場合も重宝する。具体的には、特定のPCがLANに接続できているかを調べたり、具体的なIPアドレスをチェックしたりといった用途だ。今回は試用していないが、Wake On LANパケットの送出も行えるので、Wake On LAN対応機器がLAN上にある場合、iPhoneから手軽に起動させることができる。

  • 「LAN Scan」の画面。iPhoneおよびルータのIPアドレスが表示される

  • iPhoneの情報についても表示される。UDID(Unique Device Identifier)が表示できるのも付加価値の一つ

 ネットワーク管理まわりの機能を単体で提供しているツールは数多いが、本アプリは統合ツールとしてさまざまな機能がそろっていることが特長だ。価格こそ600円と同種のアプリの中では高額な部類に入るが、どうせなら本アプリを買っておいたほうがさまざまな用途に使える、という考え方もあるだろう。

 iPhoneのUDID(Unique Device Identifier)が表示できるというのも、付加価値の一つといえるかもしれない。動作も安定しており、ネットワーク管理者から家庭内でLANを管理するユーザまで、幅広くオススメできるツールだ。

  • ネットワークをスキャンすることでLAN内のPCやネットワークプリンタ、NASなどの一覧が表示できる。上段からIPアドレス、コンピュータ名、NICベンダー名

  • スキャンのオプション画面。タイムアウトの時間など細かい設定が行える。本画面に限らず、各ツールに対してそれぞれ詳細な設定画面が用意されている

  • 「Trace Route」の画面。指定したホストまでのTracerouteを実行し、結果を表示する。結果をメールで送信することもできる

  • 「Port Scan」の画面。開いているポートを調査できる。3G回線経由でネットに接続し、自社サーバのポートが不用意に開いたままになっていないか調べるなどの用途に使える

  • 「Wake On LAN」の画面。機器のIPアドレスを指定し、WOLパケットを送出できる

  • 「Subnet Calculator」の画面。サブネットマスクの範囲を指定できる

>>Network Proのダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

iPhoneの記事一覧はこちら

-PR-企画特集