logo

写真に直接書き込めるiPhone向けペイントアプリ--「PhotoNoter」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 写真に直接書き込みができる。シンプルなユーザーインターフェースで、できることは多くないため動作はきびきびしている

 PhotoNoterは、写真に直接文字や絵を書き込むためのペイントアプリだ。画面ショットを撮影して、重要ポイントをちょこっと指定したい時や、現場の写真を撮影して「ここ」とだけ知らせたい場合など、写真に一言書き込みたいぐらいで、大げさな指定はいらないということはよくある。そんな時にPhotoNoterがあれば、ササッと写真に書き込んで、メールでパッと送れるので、とても楽だ。

  • 写真の取り込み画面。その場で撮影するか、アルバムから選択する。画面左下の写真は編集履歴

 使い方は簡単。その場で写真を撮るか、アルバムから写真を選択して、指で書き込むだけ。画面の下部に写真の一部が拡大表示されるので、そこに書く。写真のどこが拡大されているかは、画面の上部で、紫色の長方形の位置を見るとわかる。この長方形を指で移動させて、写真の好きな位置に書き込むことができる。この画面構成は、最初こそ戸惑うかもしれないが、写真の一部が拡大されることでより正確な位置に書き込めるため、便利だということにすぐ気付くだろう。

 写真に書き込む際のペンの色は選択できるが、太さや種類は選択できない。iPhoneの画面サイズからしてもう少し細い線が欲しい気がするが、キレイに書くことが目的のアプリではないのでいいのかもしれない。指ではなかなか上手く書けないのでスタイラスで試したところ、指よりは多少キレイに書けたかな、という程度の違いしかなかった。もし間違えてしまっても「消しゴム」アイコンをタップして書いた線を消せるほか、丸矢印のアイコンをタップして元に戻せる。

  • ペンの色の選択画面。設定画面で日付の入力をオンにしている場合は、ここで選択済の色が適用される

  • 画面上部の紫色の枠が、現在拡大されているカ所。画面の下部に書き込みをする

  • 消しゴムアイコンをタップすると、ピンク色の枠で消しゴムが表示される。消しゴムで消した線を元に戻すことはできない

 書き込みが終わったら、画面下部の右から2つ目の「画面」アイコンをタップすると、左端に「メール」アイコンが表示されるので、これをタップして共有先を指定する。メールの他にも、カメラロールへの保存、Facebook、Tumblr、Twitterへの投稿メニューが用意されている。

  • 共有先の指定。メールを選択するとアプリ内にメール作成画面が表示される

 写真の編集が終わって「Done」アイコンをタップしても、写真の取り込み画面から、再度同じ写真を表示させることができる。また、設定画面には、この写真の取り込み画面からしか移動できない(画面右下に「設定」アイコンが表示される)。設定画面では、写真に日付を付けるかどうか、写真に枠をつけるかどうかなどが選択できる。写真の編集中に設定を変更することはできないので、最初に設定しておこう。

 とにかく、複雑なことは一切なく使えるのがいい。画面ショットに書き込むのも便利な使い方だが、入口のわかりにくい場所を案内する際に、撮影した写真に矢印を書いて入口を示したり、遠目から風景を撮影して目的地を丸で囲って現場周辺の状況と目的地を同時に見せたりできる。写真メモとして、出張先や出先などでとくに重宝するだろう。

>>PhotoNoterのダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

iPhoneの記事一覧はこちら

-PR-企画特集