スマホ向けFacebook連動アプリを効率的に開発できるプラグイン

藤井涼 (編集部)2012年02月15日 10時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 jAction プロジェクトは2月14日、Facebookと連動したスマートフォンアプリを開発するためのJavaScriptプラグイン「Facebook クラス」を公開した。価格は、個人利用であれば無料(MITライセンス)、商用利用の場合は1開発者ごとに1万円となる。

 「jAction」は、HTML5を用いたスマートフォン向けゲームを効率的に制作するためのJavaScriptライブラリ。今回公開されたFacebook クラスでは、jActionを使って動的なFacebookモバイルアプリを作成できる。2月時点で実装されている機能はログイン処理、友人のアイコン画像リスト取得、シェアなどで、今後も拡張していく予定だ。

 jActionは、クリエイトウェーブの大渕脇昭人氏、tadashikuの萩原伸悟氏、岡徳之氏によって運営されている。jActionのPRを担当する岡氏によれば、「2012年春ごろにjActionに開発者同士が質問したり、開発したプラグインやアプリを共有できる機能を実装する予定」であるほか、jActionを活用したCMS開発やアプリ制作受諾を目的とした法人化も計画しているという。

 


「Facebook クラス」で開発したソーシャルブロック崩し
  • このエントリーをはてなブックマークに追加