logo

シマンテック、「pcAnywhere」向けの最新パッチを公開

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2012年02月01日 12時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Symantecは先週、「pcAnywhere」のソースコード盗難を受け、サイバー攻撃から守るために同ソフトウェアを無効化するよう呼びかけていた。

 しかし、先週リリースされた一連の無償アップグレードは、脆弱性の一掃を目的としていた。

 Symantecは米国時間1月23日、「pcAnywhere 12.5」を安全にするためのパッチを公開した。そして27日には、バージョン12.0および12.1に向けたパッチを公開した。

 Symantecは、セキュリティアップデートとソースコード盗難に関する最新情報を発表し、セキュリティに関し、関連のあるパッチをすべて適用してベストプラクティス(PDF)に従うようユーザーにアドバイスしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集