logo

プリンストン、レコードやカセットのアナログ音源をデジタル化する「デジ造音楽版」

加納恵 (編集部)2012年01月20日 12時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 プリンストンテクノロジーは1月20日、レコードやカセット、MDなどの音源をPCに取り込んでデジタル化できるUSBオーディオキャプチャユニット「デジ造音楽版 匠 PCA-ACUP2」を発表した。発売は1月下旬。店頭想定価格は4480円になる。

  • 「デジ造音楽版 匠 PCA-ACUP2」

 PCA-ACUP2は、USBとRCA、ステレオミニプラグ端子がついたキャプチャユニットと付属の音声編集ソフト「DigiOnSound 6 L.E. for Princeton」から構成される。

 音声編集ソフトでは、無音を検出してファイルを分割する自動分割機能やフェードイン、フェードアウトといったエフェクト操作が可能。「かんたんエフェクト」も搭載し、アナログ特有のノイズを取り除いたり、音源ごとに異なる音量を自動調整したりできるとのこと。早送り、巻き戻し、停止などの再生コントロールも備える。

 録音されたデータはMP3、WMA、WAV、AIFF、Ogg Vorbisなどで出力でき、iPhoneやデジタルオーディオプレーヤーに転送して持ち歩くこともできる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集