logo

ティアック、カセットテープをデジタル化できるCDレコーダー

加納恵 (編集部)2012年01月13日 18時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ティアックは1月13日、CDとカセットテープを一体化したUSB接続対応のレコーダー「AD-RW900」を発表した。カセットテープの音源をCD-Rに録音したり、USBメモリに保存したりできる。ブラックとシルバーの2色展開で、ブラックモデルは1月下旬、シルバーモデルは2月中旬に発売する。価格は6万8250円。

  • 「AD-RW900」

 CD、カセットを備え、いずれも録音、再生に対応。フォノ入力端子も備えているためレコードプレーヤーと接続でき、アナログレコードのデジタル化も可能だ。

 光デジタル入力端子を備え、オーディオCD フォーマットである44.1kHz のほか、32kHz/48kHz のデジタル信号も直接入力し記録できる。背面のUSB端子をPCに接続すればPC側での録音にも対応する。本体サイズは高さ145mm×幅435mm×奥行き288mm。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集