2011年下半期のヒットモデルはこれだ!--iPhoneを抑えたスマホ、売れ続けたヘッドホンは?

加納恵 (編集部)2011年12月28日 15時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電力不足、地上アナログ放送停波など、デジタル製品周辺でも大きな話題の多かった2011年。店頭ではスマートフォンがいよいよ本格普及に入り、その周辺機器の売上も伸びているという。

 ここでは、ジーエフケー マーケティングサービス ジャパン(GfKジャパン)提供による6~12月のデジタル製品の数量別売れ筋ランキングを紹介する。

携帯電話

  • NTTドコモ「Xperia acro SO-02C」

 KDDIの「iPhone」取り扱い開始や「iPhone 4S」の発売など、大きな話題の多かった携帯電話市場。売れ筋はほぼスマートフォンへと移行した感がある。iPhoneが市場の話題をさらったが、ランキングではNTTドコモの「Xperia acro SO-02C」が売れ筋No.1になった。

携帯電話
順位メーカー商品名
1NTTドコモXperia acro SO-02C
2NTTドコモGALAXY S II SC-02C
3ソフトバンクモバイルiPhone 4(16GB)
4ソフトバンクモバイルiPhone 4S(16GB)
5KDDIXperia acro S11S
6ソフトバンクモバイルiPhone 4S(32GB)
7ソフトバンクモバイルiPhone 4(32GB)
8ソフトバンクモバイル005Z
9NTTドコモP-07B
10KDDIINFOBAR A01

ヘッドホン

  • パナソニック「RP-HJE150」

 携帯電話と接続して通話もできるヘッドセットタイプや、スマートフォンとワイヤレスで使えるBluetooth対応モデルなど、新たな人気ジャンルを生み出したヘッドホン。売れ筋はスタンダードなステレオモデルから徐々に変化していきそうだ。

 
ヘッドホン
順位メーカー商品名
1パナソニックRP-HJE150
2ソニーMDR-EX60LP
3オーディオテクニカATH-CK303M
4オーディオテクニカATH-CKL200
5エレコムEHP-IN10
6JVCケンウッドHA-FX11
7JVCケンウッドHA-FX25
8オーディオテクニカATH-C101
9エレコムEHP-IN20
10ソニーMDR-EX10LP

薄型テレビ

  • シャープ「AQUOS LC-32E9」

  7月の地上アナログ放送停波を受け、軟調傾向の続くテレビ市場。エントリーモデルのラインアップも充実したシャープ「AQUOS」が、ベスト10中7モデルをランクインさせている。メインテレビの買い替えが終わり、寝室やキッチンなどセカンドテレビの買い替えが進行しているためか、19型や22型の小型モデルの動きが目立った。

薄型テレビ
順位メーカー商品名
1シャープAQUOS LC-32E9
2シャープAQUOS LC-32V5
3シャープAQUOS LC-19K5
4パナソニックVIERA TH-L32C3
5パナソニックVIERA TH-L19C3
6東芝REGZA 19A2
7シャープAQUOS LC-22K5
8シャープAQUOS LC-26E8
9シャープAQUOS LC-40V5
10シャープAQUOS LC-40E9

ノートPC

  • NEC「LaVie S LS150/ES6」

 NEC「LaVie」、東芝「dynabook」、富士通「FMV」ブランドが相変わらず根強い人気で、ベスト10内はほぼこの3ブランドで占められた。製品形態としては3D化がさらに進んだようだ。

ノートPC
順位メーカー商品名
1NECLaVie S LS150/ES6
2NECLaVie L LL750/ES6
3東芝dynabook T351/57C
4NECLaVie S LS550/ES6
5NECLavie S PC-LS150/FS6
6富士通FMV LIFEBOOK AH54/D
7富士通FMV LIFEBOOK AH56/D
8東芝dynabook T351/34C
9ソニーVAIO E VPCEH19FJ
10富士通FMV LIFEBOOK AH42/D

「全国の有力家電量販店販売実績を集計/GfK Japan調べ」/集計期間:2011年6月27日~12月18日までの25週間累計

  • このエントリーをはてなブックマークに追加