エグゼモード、クラウドストレージとつながる超小型プロジェクタを発表

加納恵 (編集部)2011年12月21日 16時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エグゼモードは12月20日 、aigo「SiLKシリーズ」からクラウドストレージ接続機能を標準搭載したモバイルプロジェクタ「aigo Projector Cloud」を発表した。同日から予約受付を開始し、12月下旬に販売開始する。

  • 「aigo Projector Cloud」

 aigo Projector Cloudは、高さ31.2mm×幅90.8mm×奥行き98.8mm、重量約230gの超小型DLPプロジェクタ。本体にWi-Fi能を内蔵し、クラウドストレージ「ServersMan@Disk」を標準搭載したことで、プロジェクタから直接クラウドストレージ内のファイルにアクセスできることが特長だ。

 プロジェクタ内には、2Gバイトの内蔵メモリを備えたほか、OSとしてWindows Embedded CE 6.0 R3を搭載。動画、静止画、文書ファイルをすべてPCレスで投写でき、ファイルをダブルクリックすればアプリが起動して表示されるとのこと。Officeファイルは簡単な編集もできるとしている。カーソルは本体上部に設けたタッチパネルで操作する。

 本体には映像、音声入力端子、USB端子、SDカードスロットも設け、外部入力からファイルを取得することも可能。

 ServersMan@Diskの、10Gバイトプランが最大3カ月無料(以降は月額210円)で利用できる「aigo Projector Cloud (PT6316L)」(実勢予想価格:4万9800円)と、100Gバイトプランが最大1年間無料(以降は月額1155円)で利用できる「aigo Projector Cloud (PT6316S)Premium」(同:7万9800円)の2タイプを用意。Premiumモデルのみ本体のほか、USBマウスとワイヤレスキーボードが同梱される。

  • 「ポータブルパワーパック N2688」

 プロジェクタの最高輝度は300ルーメンで、約9cmで3.5インチ、380cmで150インチまでの投写が可能。ランプにはLEDを採用し、2万時間の長寿命を実現するとのことだ。

 オプションとして2万2000mAhの大容量モバイルバッテリ「ポータブルパワーパック N2688」(実勢予想価格:2万2800円)を用意。モバイルプロジェクタを約2時間30分駆動できるほか、14種類のコネクタを付属し、携帯電話やスマートフォン、PCなどのモバイル機器のバッテリとしても使用できる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加