logo

仕事時間の記録やToDoリストも同一アプリ内で管理できる「Daily Tracker」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Daily Trackerでは、時間、お金、日記、Todoリストなど、あらゆるものを記録できる。対応している記録の種類は幅広く、リストになければ自分で単位を作って記録することも可能だ。記録したデータのグラフを表示して推移を確認したり、Googleドキュメントと同期してPCでデータを使用したりできるため、さまざまな用途に向いている。

  • 記録できることならば、どのような用途にも使える

 標準でサンプルのカテゴリが多数く用意されているので、最初はそれらを利用するのが簡単だ。どのような記録ができるのかを体感したら独自のカテゴリを作るのがアプリを使いこなす早道だろう。カテゴリの種類は、「フォルダ」以外に11種類あり、リスト、数字、ストップウォッチ、レーティングなど、たいていの記録には十分な数だ。カテゴリを表すアイコンは、豊富に用意されている。

 記録対象が数字の場合、月間または年間での合計の表示/非表示を切り替えたり、毎日のデータを翌日に持ち越せる「相関価値」の表示/非表示を切り替えたりして、用途に合わせて記録を活用できるように工夫しよう。

  • カテゴリの新規作成画面。記録の種類も選択可能

 カテゴリはフォルダに分類できる。ただし、フォルダは[カテゴリの作成]メニューから作成するため、初めてフォルダを作るときには少々メニューが分かりにくいかもしれない。

 長い文章を短縮入力できるようになるTextExpander(有料アプリ)と連携可能。「記録」の際には、同じ表現を多用する場合が多いため、よく使う表現をTextExpanderに登録しておけば、入力が省力化できる。

 データのバックアップは、Googleドキュメントにアップロードすることによって行う。どの記録をアップロードするかは、あらかじめ選択しておく必要がある。新しいカテゴリを作成した後で、この選択を忘れると、バックアップされているものと勘違いしやすいので、注意する。

 複数のアプリを使うことなく、仕事時間の記録もその日のToDoリストも同一アプリ内で管理できる。管理を複雑にしたくない人には特にお勧めだ。たとえば、朝一番にその日の予定をデイリープランナーとして書き出して仕事時間の記録を取り、外出した際には、現在地の地図とメモを日記に入力して残しておけば、その日の仕事の記録として使える。記録はメールで送信可能で、自分宛にメールすることでバックアップにするのもいいだろう。

  • メニューの意味が分からない場合は[i]アイコンをタップすると説明が表示される

  • フォルダは複数のカテゴリをまとめる役割を果たす

  • TextExpanderと連携すれば、定型文の入力が簡単だ

>>Daily Trackerのダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

iPhoneの記事一覧はこちら

-PR-企画特集