logo

iPhoneでIDやパスワードを一括管理できる「1Password Pro」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 1Password Proは、IDやパスワードを一括管理するためのアプリだ。ブラウザが内蔵されており、サイトに直接移動してログインできる。有料のMac版またはWindows版の1PasswordとDropboxまたはWi-Fiを介して同期することで、デスクトップでもiPhoneでもIDやパスワードをいちいち入力する必要なしに保護されたウェブサイトを閲覧可能だ。

  • ウェブサイトのログイン情報などを保存しておき、簡単にアクセスできるようにする

 セキュリティに関わるアプリのため、起動時にパスコードが必要なほか、しばらく操作しない状態が続くと、自動的にロックがかかるようになっている。パスコードやロックまでの時間は、設定画面で指定する。情報自体にもマスターパスワードを設定しておくことで、さらにセキュリティを高めることができるだろう。

 ウェブサイトへのログイン情報以外にも、銀行口座やFTPなどのアカウント、ソフトウェアのライセンス情報、クレジットカードや運転免許証、パスポートなどの情報を、安全に保管しておくことができる。また、パスワードの生成機能も備わっているので、頻繁に変更が必要なパスワードを1Passwordで生成してそのまま保存しておけば、うっかり忘れて困るということはない。

 ただし、バックアップをしておかないと、万が一アプリを再インストールすることになった場合にデータが消失してしまう。データは、Dropboxを使ってクラウドに保存しておき、デスクトップ版と同期を取ることでバックアップするか、[Settings]の[Database]から[Backup & Restore]を選択して、同一LAN上にあるPCからバックアップを取得する。特に、ランダム生成したパスワードなどは思い出そうとしても難しいので、常日頃から、バックアップには注意しておこう。

 初めてウェブサイトを登録する際には、まず、Safariで目的のウェブサイトを表示させてから、URLをすべてコピーし、1Passwordで[Add]から[Login]を選択してウェブサイトを追加するのがいいだろう。そういう手間を考えると、デスクトップ版と併せて使用することで、より便利さを実感できるツールかもしれないが、単体でも便利なことには変わりない。

  • 起動時にパスコードを入力する必要がある

  • 銀行口座のアカウントやクレジットカードの情報なども保管しておける

  • 万一に備えて、バックアップはこまめに行おう

>>1Password Proのダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

iPhoneの記事一覧はこちら

-PR-企画特集