7月に休刊したぴあ、クラウド型の電子書籍として復活へ

岩本有平 (編集部)2011年12月16日 18時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 7月に休刊したぴあが電子書籍になって復活する——ぴあは12月16日、クラウド型の電子書籍サービス「ぴあ+〈plus〉」を開始する。

 サービスには日本デジタルオフィスが提供する「DO!BOOK[SV]」を採用する。DO!BOOK[SV]は、電子書籍の保管にMicrosoftの「Windows Azure Platform(Azure)」を利用する電子書籍クラウドサービス。専用アプリを必要とせず、ブラウザでの閲覧が可能。HTML5による高速閲覧技術やソーシャルネットワーキングサービス(SNS)連携などの機能を実装する。

 日本デジタルオフィスと日本マイクロソフトは、ぴあのDO!BOOK [SV] の採用を契機に、電子書籍ビジネスの普及を目指して協業を強化する。構築から運用、監視までのトータルソリューションを提供するほか、電子書籍出版に向けたセミナーやキャンペーンを展開。1年間に500社、3年間で国内外1万社にDO!BOOK [SV]の導入を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加