logo

米13~17歳、携帯電話のデータ通信量が1年前より256%増加

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2011年12月16日 16時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国では、13~17歳のティーンエージャーたちの携帯電話のデータ通信量がほかの世代に比べて速いペースで増えていることが、Nielsenが実施した第3四半期の調査から明らかになった。

 13~17歳の携帯電話利用者は第3四半期に1カ月あたり平均320Mバイトのデータ通信を行った。これは前年比256%増に相当する数字。Nielsenによると、この年齢層は他の世代に比べ、速いペースで利用量を増やしているという。


提供:Nielsen

 この世代が送受信したSMSやMMSの数は1人あたり3417件だった。男女別ではデータ利用やメッセージ送受信に異なる傾向が見られた。ティーン世代の男子のデータ利用量は382Mバイトだったのに対して、女子は266Mバイトだった。

 またこの世代の女子が1カ月あたり3952件のメッセージを送受信するのに対して、男子は2815件だった。

 調査は、回答に応じた携帯電話契約者6万5000人強の月額利用料の請求書を基に行った。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集