ケンウッド、PCもつながるサウンドシステム「Kseries」

加納恵 (編集部)2011年12月07日 17時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JVCケンウッドは12月7日、ケンウッドブランドからサウンドシステム「Kseries」に、CD/USBレシーバ「R-K731」と、スピーカシステム「LS-K731」を追加した。12月中旬に発売する。

  • 「R-K731」

 CD/USBレシーバは、CDプレーヤー、アンプ、FM/AMチューナなどを一体化。iPod/iPhoneやデジタルオーディオプレーヤーが接続できるUSB端子のほか、PC接続ができるPC IN端子を設け、あらゆる機器との接続が可能だ。

  • 「LS-K731」

 アンプ部にはフルデジタルアンプを採用し、信号入力からアンプの最終段までをデジタルで処理。アンプ部、CDメカ部、デジタル回路部、アナログ回路部と、独立した構成の独立電源回路を採用する。

 本体サイズは高さ104mm×幅245mm×奥行き309mm。シルバーとブラックの2色を用意する。価格は5万400円。

 スピーカは、2cmのドーム型トゥイータと11cmのコーン型ウーファを内蔵した2ウェイモデル。高品位パルプを採用した振動板とロスが少ないラバーエッジ素材を採用することで、自然な中域とパワフルで伸びやかな低域を再現するとしている。ボディカラーは木目とブラックの2色になる。価格は1万9950円。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加