Carrier IQ、スパイウェア疑惑の払拭に懸命--「責任は通信事業者に」 - (page 2)

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫2011年12月05日 11時09分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Carrier IQの主張はもちろん正しい。非難の矢面に立たされているとはいうものの、同社は通信事業者と携帯電話の製造業者にサービスを提供している。はっきり言えば、通信事業者に求められたのでなければ、Carrier IQも端末製造業者も通信事業者にこうしたデータを提供していなかっただろう。もちろん、「指示に従っただけ」というのは、完璧な弁明にはほど遠い。

 製造業者も次々と、一目散にCarrier IQを見捨てようとしている。Appleはすでに、「iOS 5」のファームウェアにCarrier IQのソフトウェアを組み込むのを取りやめたと明言した。

 なぜ誰もがCarrier IQのデータ収集問題から大急ぎで逃れようとしているのだろうか?Al Franken上院議員が、データは開発企業に戻されているのか、それともサードパーティに渡されているのか、および米国消費者のプライバシーの権利は侵害されてきたのかどうかを問いただして、激しく非難してきたからだろうか? そうではないだろう。彼らが割れた窓から離れる子どものような勢いで逃げている本当の理由は、Carrier IQや通信事業者(AT&T、Sprint、T-Mobile)、端末製造業者(Apple、HTC、サムスン)がすでに第1弾の集団訴訟に直面しているからだ。

 最初の2件の集団訴訟は、認可されていないデータの収集に関する連邦通信傍受法に基づくもので、Carrier IQ、HTC、サムスンが被告となっている

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]