友人の使っているアプリ情報を共有するiPhoneアプリ「peepapp」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エウレカは、iPhoneアプリ「peepapp(ピープアップ)」を米国および日本のApp Storeで公開した。

 peepappは、ユーザーが持っているiPhoneアプリの情報をほかユーザーたちと共有できるソーシャルプラットフォーム。利用は無料。TwitterもしくはFacebookのアカウントが必要となる。

  • 「peepapp」のスクリーンショット

 peepappユーザー同士であれば誰でもフォローすることができ、フォローしたユーザーがどんなiPhoneアプリを持っているかを簡単に知ることができる。TwitterやFacebookの友人たちをpeepappに招待することも可能。また、公開したくないアプリは、公開するアプリのリストから除外することができる。

 このほか、自分のフォローしている人たちの間で人気のあるアプリのランキング表示や、新しくダウンロードしたアプリをTwitterやFacebookに投稿できる機能を搭載する。

 今後は、さまざまな言語に対応させ、カナダ、中国、韓国、シンガポール、マレーシアなどで公開するほか、Androidアプリについても提供する予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加