AOL、シリコンバレー事業のトップが退職か--米報道

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2011年11月17日 18時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 複数の報道によると、AOLのコマースおよびアプリケーション担当プレジデントでシリコンバレー事業のトップでもあるBrad Garlinghouse氏が、さまざまな問題を抱える同社を去ることになったという。

Brad Garlinghouse氏
Brad Garlinghouse氏
提供:Dan Farber/CNET

 複数の情報筋がBusiness Insiderに語ったところによれば、Garlinghouse氏は同社がより攻撃的な戦略をとるべきだと苛立ちを覚えており、AOLがThe Huffington Postの単なる一部門に成り下がっていると感じていたという。The Huffington Postは、AOLが2011年に買収した大手のニュース集約サイトだ。GigaOmもGarlinghouse氏の退職について報じている。

 AOLにコメントを求めたが、すぐに回答を得ることはできなかった。Garlinghouse氏と連絡を取ることはできなかったが、先週投稿されたツイートは同氏が抱いているとされる苛立ちを表しているようだ。「営業畑の人間が会社を経営すると、製品畑の人間は軽視されるようになり、その多くは熱意を失ってしまう」(同氏のツイート)。

 インターネットおよびモバイルコミュニケーション部門を担当する新しいプレジデントとして2009年にAOLに入社したGarlinghouse氏は、米Yahoo在籍時に「Peanut Butter Manifesto」を書いたことでよく知られている。Garlinghouse氏は2006年に書かれたその社内向けのメモの中で、数々のトラブルと組織再編を経験してきたYahooに対する不満を訴えた。「われわれはすべての人に対して、すべてを行い、すべてになろうとしている。(中略)それはどんな結果を招いただろうか。われわれが行うすべてのことに対して、投資は広く薄く分散してしまい、われわれは特定のことに注力できなくなった」(同氏のメモ)

 AOLは大規模なユーザー基盤を有してはいるが、インターネットトレンドに上手くついていくことができず、売り上げの減少に苦しんでいる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加