logo

グーグルのマスコットフィギュア発売--ラナが国内の独占販売契約を締結

坂本純子 (編集部)2011年11月09日 12時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ラナは11月9日、米Dead ZebraとGoogleのモバイル端末向けOS「Android」のマスコットキャラクターのフィギュアに関して、国内における独占販売契約を締結したと発表した。Dead ZebraはAndroidのマスコットキャラクターのフィギュアデザインや制作に関するライセンスを保有する。

  • Standard Edition

 第1弾として「Android mini collectibles」のStandard EditionとDIY Editionを発売する。Standard Editionはキャラクターを忠実に立体再現化した製品で、DIY Editionはユーザーが自身でカラーリングを楽しめるよう白いフィギュアとなっている。

 日本国内での正規販売を開始するにあたりDead ZebraのデザイナーであるAndrew Bell氏が日本向けにパッケージをデザインしており、日本限定という。

 価格はいずれも840円で、12月より家電量販店などで販売する。また同社の直販サイト「ラナタウン」でも予約受付を開始している。

  • DIY Edition

  • 日本限定パッケージ

-PR-企画特集