「あとで行く」--カヤックがリマインダーサービス「Will go later」

エースラッシュ2011年10月28日 12時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カヤックは10月27日、ソーシャルロケーションリマインダーサービス「Will go later」の提供を開始した。料金は無料。

  • iPhoneアプリ「Will go later」

 友人から聞いたおすすめスポットや飲食店など「一度行ってみたい!」と思っても、そのまま記憶の隅に忘れ去られてしまうことは多い。今回リリースされたWill go laterは、そんな行きたかった場所を思い出させてくれるソーシャルロケーションリマインダーサービスだ。

 Will go laterは同名のPCサイトiPhoneアプリで構成されており、「あとで行きたい」と思った場所をPCサイトもしくはiPhoneアプリから登録しておく。行きたかった場所を思い出したい時にアプリを起動すると、マイリストの中から近い順にソートして表示してくれるというもの。また、スポットへ近づいた際に半径500メートルから半径2キロメートルの範囲でアラームが鳴るようにすることもできる。

 Will go laterを利用するにはTwitterまたはFacebookのアカウントが必要で、公開設定をしておけば登録した情報を自動でポストできる。もちろん非公開にすることも可能だ。

 そのほか、1クリックで登録可能なブラウザ専用のブックマークレット、周辺ランドマークスポットの検索機能、Chromeに対応したエクステンションなども提供している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加