ティアック、アナログレコードやカセットをCD-Rに--PCにも取り込み可能

加納恵 (編集部)2011年10月20日 18時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ティアックは10月20日、アナログレコードプレーヤーとカセットデッキを一体化したCDレコーダー「LP-R550USB」を発表した。レコードやカセットテープなどのアナログ音源をこれ1台でデジタル化できる。発売は11月上旬から。店頭想定価格は7万円前後になる。

  • 「LP-R550USB」

 LP-R550USBは高さ230mm×幅470mm×奥行き390mmの本体に、アナログレコードプレーヤー、カセットデッキ、CDレコーダー、FM/AMチューナを一つにした製品だ。

 アナログレコードやカセットの音源をCD-R/RWにダビングできるほか、ラジオの音声もCD-R/RWへ録音可能。USB端子も装備しているため、付属のパソコン用ソフトウェア「MusiCut plus for TEAC」を使って、アナログレコードやカセットテープ、ラジオの音声をPCに取り込むこともできる。

 レコード部は33/45/78回転に対応し、オプションでLP/EP盤用交換針「STL-103」、SP 盤専用交換針「SPL-102」も用意。本体にはバスレフ方式のステレオスピーカを内蔵する。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加