logo

JVC、ツインドライバ搭載イヤホンに新色を追加--JVCケンウッド合併記念

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JVCケンウッドは、ユニット内に2つのドライバを備えたツインシステムユニット搭載のイヤホン「HA-FXT90」(FXT90)に、シャンパンゴールドの数量限定モデル「HA-FXT90L2」(FXT90L2)を追加する。発売は11月上旬。店頭想定価格は1万円前後になる。

  • 「HA-FXT90L2」

 HA-FXT90は、JVCブランドから4月に発売された。低音域用と中高音域用に独立したドライバを用意していることが特長で、低音域用にはカーボン振動板を、中高音域用にはカーボンナノチューブ振動板を使用している。コードの長さは1.2m。S、M、Lサイズのシリコンイヤーピースを同梱する。

 新色のFXT90L2は、10月1日に日本ビクター、ケンウッド、J&Kカーエレクトロニクスの3社が合併したことを記念して発売されるもの。メタルハウジング部がシャンパンゴールドカラーになったほか、編組コードを採用する。

 FXT90は今回の新色追加により、ブラックとシャンパンゴールドの2色展開になる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集