logo

ソニー、ラジカセ感覚で使えるメモリーレコーダー--SD、USBメモリへ簡単録音

加納恵 (編集部)2011年10月18日 15時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは、CDプレーヤーとFM/AMチューナ、メモリーカードスロットなどを一体化したCDラジオメモリーレコーダー「ZS-R110CP/R100CP」を発表した。メモリーカードやUSBメモリへ楽曲を簡単に録音できる。発売は11月21日。

 前面にはSDカードスロットとUSB端子を設け、CDの音楽やFM/AMのラジオ放送をSDカードはUSBメモリに持ち出すことが可能。USB経由で同社のデジタルオーディオプレーヤー「WALKMAN」やICレコーダーとも連携できる。ラジオ番組のタイマー予約録音は最大10番組まで対応。CDの音楽は2倍速で録音できるとしている。

 サイズは高さ148.9mm×幅349.4mm×奥行き214mm、重量は約2.8kg。本体には口径8cmのフルレンジスピーカを2個内蔵する。電源はAC電源を使用。「おやすみタイマー」と「アラーム」機能を装備する。

 上位機となるR110CPには、「スピードコントロール」機能や「イージーサーチ」など語学学習用の機能を内蔵。こちらの機種にのみリモコンが付属する。店頭想定価格は1万8000円前後。R100CPは1万5000円前後になる。

  • 「ZS-R100CP」(左)「ZS-R110CP」(右)

  • SDカードスロットとUSB端子を備える

  • CDプレーヤーは天面に装備する

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集