持ち歩けるボーズスピーカ--Bluetoothでワイヤレス

加納恵 (編集部)2011年10月18日 13時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ボーズは10月18日、Bluetoothによるワイヤレス接続に対応したポータブルスピーカ「SoundLink Wireless Mobile speaker」を発表した。クロムメッキを用いた外装で砂や湿気に強い高耐久性を備えているという。10月21日にボーズ製品取扱店やボーズ直営店、ボーズ・オンラインストアにて発売する。

 サイズは高さ130mm×幅244mm×奥行き48mmで、重量は約1.3kg。ネオジウム・マグネットを採用した4つの薄型ドライバが中高域、新開発のデュアル・オポージング・パッシブ・ラジエーターが低域を再生し、サイズ感以上の高音質を再現するとしている。

 Bluetoothでのセットアップは、スピーカの電源をオンにすると近くにあるBluetooth対応機器を自動検出し、ペアリングできるという。ペアリングした機器は直近6つまで本体に記憶することが可能だ。

  • 「SoundLink Wireless Mobile speaker」。保護カバーがスタンドになる

  • 保護カバーを閉じたところ

  • 保護カバーが、ナイロン製でダークグレーのスタンダードモデル(左)と、レーザ製でダークブラウンのLXモデル(右)の2タイプ

  • Bluetooth接続機器で設定をオンにするとSoundLink Wireless Mobile speakerが検出される

  • 楽曲再生中は本体のスピーカとSoundLink Wireless Mobile speakerを簡単に選択できる

 本体には外部入力端子も搭載し、有線でオーディオプレーヤーと接続することも可能。本体にはリチウムイオン充電池を備え、最大約3時間の連続使用に対応する。

 スピーカを覆う保護カバーは、ナイロン製でダークグレーのスタンダードモデル(価格:3万6750円)と、レザー製でダークブラウンのLXモデル(同:4万3260円)の2タイプを用意。いずれも使用時にスタンドになるほか、カバーを閉じると自動的にスリープモードへ切り替える。

 保護カバーはオプションとしてナイロン製のレッドとパープル(同:各4200円)と、レザー製のバーガンディーとタン(同:各7140円)を用意し、付け替えられる。また車の中で充電が可能な「SoundDock and SoundLink car charger」(同:4200円)を11月25日に発売する予定だ。

  • 本体はリング状のクロムメッキで覆い耐久性を確保したという

  • 本体上部にも操作ボタンを用意。ボタンを押下する耐久テストも実施した

  • 保護カバーはオプションとして全4タイプが用意される

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加