JVC、テレビの音を手元で聞けるワイヤレススピーカ--はっきり音声機能搭載

加納恵 (編集部)2011年10月17日 14時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JVCケンウッドは10月17日、テレビなどの音声が手元で聞こえるワイヤレススピーカ「SP-A750」を発表した。セリフが聞き取りやすい「はっきり音声」機能を搭載する。発売は11月上旬。店頭想定価格は2万円前後になる。

  • 「オンスタンド充電」を採用

 送信機と受信機を内蔵したスピーカ部から構成され、伝送方式には2.4GHzデジタルワイヤレス方式を採用。約30m離れてもクリアな音声を伝送できる。

  • ボディカラーはホワイトとブラック

 スピーカ部にはリチウムポリマー充電池を内蔵し、最大約20時間の使用ができる。送信機の上に置くだけで充電ができる「オンスタンド充電」を採用する。

 本体には人の声の周波数帯域を中心に増幅することで、テレビのセリフが聞き取りやすくする、はっきり音声を搭載。音量ダイヤルなども大型のものを採用し、操作しやすい設計とした。

 スピーカサイズは高さ140mm×幅160mm×奥行き76mmで、重量は約462g(内蔵充電池含む)。ボディカラーはホワイトとブラックの2色をそろえる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加